帽子を被っていると早漏に不安も!ダポキセチンで改善

口に手を当てて驚いている様子の男性

隠語として包茎のことを帽子と呼ぶこともあります。
亀頭に包皮が被っていることでそのように呼ばれるのでしょう。
その帽子状態が問題を引き起こすこともあります。
亀頭包皮炎は代表的な症状ですが、早漏もその可能性を潜んでいます。
包皮が通常時でも被っているために普段から刺激に弱くなってしまいます。
その状態から性行為をすると、刺激に耐えられなくなるのは想像することができるはずです。
そのようにして早漏の問題を引き起こすことがあります。
似たような症状としてEDも同じように指摘されています。
性的刺激を受ければ個人差はありますが、亀頭が膨れ上がります。
勃起は女性器に挿入するための機能でもありますが、刺激を抑える効果もあるのが勃起です。
それが弱くなると、刺激に対して弱くなってしまい、結果早漏になることも。
よってEDでも早漏を引き起こす可能性があると言えるでしょう。
包茎やEDにおいても、早漏を引き起こす可能性があることを知っておきましょう。
そんな時に頼りになるのがダポキセチンです。
性行為の前に服用することで、早漏の不安を改善することができます。
服用すると通常時の3倍ほど射精までの間隔が延びる効果がありますので、早漏に悩んでいるのであれば試してみる価値があるでしょう。
またEDにおいても早漏の可能性があることから、ダポキセチンと一緒にED治療薬の成分タダラフィルが配合された製品であるタダボックスがあります。
タダボックスはシアリスとプリリジーのジェネリック合剤で、同時に男性特有の性機能の問題を解決できる可能性があります。
タダポックスの通販サイトを使えば、シアリスとプリリジーの約1/8ほどの値段で購入することができます。
また、性機能についての不安は医師に相談することで解決策が生まれます。
医薬品は健康体の人であっても、少なからずリスクがある製品です。
専門家に頼ることは、新たな不安を生むことなく安全に服用できる方法のひとつです。